BLOGイメージ

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

長寿企業に共通すること

 投稿

美濃焼の話をひとつ。

 

大量生産が主体で安価な食器を生産できる土岐市肥田地区では、輸出向けに大忙しな日々が続いている。

 忙しさが日々では済まず、再来年の生産まで受注が入っているから驚きである。

 安価な中国製品に押され、燃料の高騰で苦しんでいた2,3年前とは顔色が違うようだ。

 

後継者問題、人手不足、土原料の枯渇など、業界全体で解決しなくてはならない問題もあるが、

美濃焼の一部とは言え、潤いを取り戻しつつあることは大変喜ばしいことである。

 

それにしても、円安や日本食ブームも手伝って海外からの需要は相当なものなのだろう。

ネットやテレビ番組にも取り上げられる日本のラーメンは、アメリカをはじめフランス、イギリスなど

 一大ブームが巻き起こっているほどだ。

 

そのラーメンも、日本での価格の2倍は出さないと食べられない、と言うからビックリだ。

海外が高いのか、国内が安いのか、まあ値段に相当する満足が得られるのなら、どちらでも良い話では

あるが...

国内でラーメンを食べるとなると一般的に700~800円程度の出費が強いられる。

 

しかし、昔から変わらぬ味を安く提供しているラーメン店があるのをご存じか?

 

東海地区を代表する企業で、〇〇〇や、と来ればもうお分かりだろう。

えっ、まだ分からない!?

 バローやユニーといったフードコートには、必ずと言っていいほど入店しているあの有名なラーメン店。

 

そう、「寿がきや」のラーメンです。

 

スープは万人が好む「和風とんこつ」味を60年も変わらぬ味で提供されています。

 

実は私が小学生の時、豚骨ラーメンなんて存在を知らなかった。

ラーメンと言えば、しょうゆ、みそ、塩の3種類しか無いものと思っていた。

 ユニーで初めて食べたあの感動の味は、今でも忘れられない。

味だけではない。ラーメンの価格にも感動させられる。

 

35年前の小学生だった当時、ラーメンの価格は「週刊少年ジャンプ」の170円より安かった。

 

ラーメン     150円

玉子入りラーメン 180円

肉入りラーメン  220円

特製ラーメン   250円(※玉子と肉が入った)

 

玉子を入れると+30円、肉を追加すると+70円の価格差は、誰が見ても分かり易く、どれを食べても

満足感があった。

 

そして今、そのラーメンの価格も当時の2倍になった。

 

 blog1

 

しかし、300円でラーメンが食べられる所なんてあるのだろうか?

それも、税込の金額で。

 コストパフォーマンスでいえば、おそらく太刀打ちできるラーメンはきっと存在しないだろう。

 

驚くべきことに、35年前とメニューが変わらないのである。

そして、玉子入り、肉入りの価格体系も当時と一緒。

伝統を守り、ブレない経営が永続企業に共通する事のように思える。

 

また、すべてが不変的な訳でもない。時代の変化が速くなった昨今、変えていかなくてはならない事も必要

である。

それが、メニューの追加なのだろう。

 

 blog2

 

お客の要望に応え、リピーターを増やす事がすべての企業にも求められる。

それが出来るか出来ないかは、トップの方針次第である。

 

 

さて、私が寿がきやでBest of menu だと思っているものが、「クリームぜんざい」

 

 1ブログ1

 

 

デザート通より一言。

  『これで210円は、ミニストップのソフトクリームより満足度高し!』

 

                         ~ by 井澤 ~

 

 

 

 

ページトップへ