BLOGイメージ

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

Freeform 活用事例

 投稿

 

 

こんにちは、代表の井澤です。

 

当社で使用しているデジタルツールのひとつ、

3D SYSTEMS社が取り扱う「Geomajic Freeform」を紹介したいと思います。

 

 

これは、触感デバイスを使い画面上に表示される形状を、

あたかも粘土細工するような手法でモデリングをする画期的なツールなのです。

 

 

 

当社がこれにいち早く目を付け導入したのは、「陶磁器の原型がこれで作れないか?」

という安易な考え。

 

当時、RICOHDESIGNBASEというUNIXワークステーション上で動く

3次元CADを導入しておりましたが、

さすがに有機的な形状をモデリングすることはできません。

 

その頃、このFreeformを米センサブル・テクノロジーズが開発をし、

日本の代理店が販売を開始するという新聞記事を目にし、

すがる思いで電話を入れたのがきっかけです。

 

それから東京へ出向き、実際に手で触れ、これならばという想いで導入を決意。

2000年夏に導入して、早18年が経過しました。

 

導入した当時は、機能的に制約されたりと難しさもありましたが、

今では当社のFreeformの達人2人が素早いモデリングで形にしてくれます。

 

 

Freeformのデータを当社のマシニングセンタで切削

 

 

 

 

細かい歯も再現

 

 

 

ティラノザウルスの皮膚はこんな感じ?!

 

 

 

 

 

キャラクターや玩具、遊戯機器など、意匠に関するモデリングは、得意中の得意。

センスが求められる3Dデータ作成でお困りの際は、ぜひ当社にお声掛け下さい。

 

 

 

肝心の陶磁器原型は?!と言うと、あまりFreeformの出番がありません

やはりRhinocerosの方が正確に形状を作り込めるのです。

 

ページトップへ